2019年8月の自動売買(EA)月間運用成績

2019年8月成績

総取引数 106回
当月利益率 +1.6%
プロフィットファクター 1.06
最大ドローダウン 7.13%
勝率 64.22%
運用資金100万円に対する損益 +16348円

当月の運用成績

2019年8月度の自動売買(EA)運用成績です。

前月は一時的に全体勝率が53%と落ち込んでしまったものの、当月は基準通りにすぐに回復し、約64%と少し高めの結果となりました。また、高めの勝率だけでなく、利益についても最低限をクリアし、当月もプラスの結果となっています。

ただ、終盤までは順調に資金推移していたのですが、
その後、大きめのドローダウンが発生してしまい、トータルでは低い利益となってしまいました。

今回の一時的な大きめのドローダウンがあるように、
中には逆に爆発的な利益獲得もあるので、両面を心得ておくと良いと思います。

  • 2019年1月:マイナス
  • 2019年2月:プラス
  • 2019年3月:プラス
  • 2019年4月:プラス
  • 2019年5月:プラス
  • 2019年6月:プラス
  • 2019年7月:プラス
  • 2019年8月:プラス

今年になって、最初の1月度は残念ながら月トータルマイナス(若干)からのスタートとなってしまいましたが、その後は当システムの確率通り、トータルプラスの月が続いています。当月で7カ月連続のプラスですね。

当システムGINZO_Systemは、1つのEA・1つの通貨ペアなどに限定する運用ではなく、USD/JPY・EUR/USD・EUR/JPY・GBP/USDなどの主要通貨ペアに上手に分散し、毎月の取引回数を100回程度確保しながらトータルの利益をバランスよく得ていくものです。

そのため、理論上・実績上ともに「月のトータル成績がプラスになる確率」は、約8割

つまり、約80パーセントの確率で月トータルがプラスになると言うシステムです。
ですから、今年のように毎月連続してプラスになることも珍しくありませんし、
逆に「80パーセントの残り」の確率が連続して起こることも珍しくありません。

ここで大切なことは、やはり、
確かな確率に注目し続けることだと思います。

仮に確率に注目せずに、
「今月は勝った!」
「今月は負けた!」
などと考えてしまうと、
将来、確率的に必ず起こり得る、2カ月連続マイナスや3カ月連続マイナスなどに、心が対応できなくなってしまう恐れがあります。

当システムが月トータルマイナスになってしまう確率は、約20パーセント(100-80%)ですので、
必然的にトータル2カ月連続マイナスが起こる確率は、4パーセント内在しています。
さらには、トータル3カ月連続マイナスが起こる確率は、0.8パーセント内在しています。

この0.8パーセントという数値は決して高いものではありませんが、
10年に一度は起こる計算となります。

当システムは、このように「確率」さらには「プラスの期待値」に大きく着目し、
「一時的にマイナスになることも受け入れながら」、トータルで資金を増やしていくものですので、常に心の準備は必要だと思っています。

運用資金(口座)別 運用成績
スタート資金 最大ドローダウン額 当月利益額 2009年1月からの
通算利益額
20万円(複利) 160239円 +36740円 +2084145円
(+2億8115万円)
100万円(単利) 40911円 +16348円 +17563500円
3000万円(単利) 1227330円 +490440円 +526906900円

※2009年1月より、目的別に口座を3つに分けて管理をしています。

※20万円複利運用口座は、2011年11月に残高1億円を突破したことを機会に、それまで約3年間の
利益(1億1665万円)を引き出し、再度2012年1月より20万円から複利運用をスタートしました。

※20万円複利運用口座[第2回]は、2016年7月に残高1億円を突破したことを機会に、それまで約4年半の利益(1億6450万円)を引き出し、再度2016年7月より20万円から複利運用をスタートしました。

  • 20万円複利運用口座
    長期運用による資産形成を目的として、基本的に資金の引き出しを予定していない口座
  • 100万円単利運用口座
    年ベースのシステムパフォーマンス分析を目的として、シンプルな金額で運用している口座
  • 3000万円単利運用口座
    実際の毎月の収益を目的として、毎月 利益額を引き出している口座

2009年1月~当月最新の資金推移

運用資金100万円に対する損益 平均月利
2009年 +3184076円 +27.2%
2010年 +2213790円 +18.4%
2011年 +1898914円 +15.0%
2012年 +1504837円 +12.5%
2013年 +1799132円 +15.0%
2014年 +693719円 +5.7%
2015年 +2356655円 +19.6%
2016年 +2572000円 +21.4%
2017年 +1526299円 +12.7%
2018年 +529858円 +4.4%
運用資金100万円に対する損益 月利
2019年1月 -33143円 -3.3%
2019年2月 +4953円 +0.5%
2019年3月 +26711円 +2.7%
2019年4月 +12140円 +1.2%
2019年5月 +65087円 +6.5%
2019年6月 +35896円 +3.5%
2019年7月 +27090円 +2.7%
2019年8月 +16348円 +1.6%

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

最新お知らせ(GINZO_Systemの無料提供)

現在、「データ蓄積と解析による実践的な行動ファイナンスの研究」を目的に、 私が実際に10年以上、毎月利益を上げ続けているシステムGINZO_Systemを無料提供しています。
GINZO_System無料提供の目的詳細はこちら

ページ最下部のフォームから必要事項(お名前・メールアドレス)をご入力の上「送信」いただきましたら、5分以内にGINZO_System一式が無料でご入力のメールアドレスに届きます。

私と同じくGINZO_Systemの自動稼働によって、資金を実際に100倍以上にしたり
相場だけで生活が出来るようになったりなど、お役に立てて頂きましたら嬉しいです。

無料ダウンロード

このページの先頭へ