2013年9月の自動売買(EA)月間運用成績

理想的な資金推移

当月の運用成績

2013年9月1日~30日の自動売買(EA)運用成績です。

ここ2~3ヶ月、僅かにGINZO_Systemのパフォーマンスが低下し、7月にはマイナスの月も発生してしまいましたが、久しぶりにGINZO_Systemの理論値(月利15%)を超える結果となりました。

ドローダウンも2%以下と低く、理想的な資金の増え方といってよいと思います。
(毎月このようにキレイに資金推移してくれればよいのに・・・)

ところで、今月は、千葉県の洲崎というところに仲間でキャンプに行ってきました。

ここは、キャンプ場というよりは、「キャンプが出来る岬」というイメージで、施設が完備されているわけではありませんが、海辺に車を横付けでき、広々と釣りも出来てとても良い場所です。

今回は磯釣りにチャレンジしてみましたが・・・磯釣り…とても難しいですね。

上手にしないとすぐに根がかりしてしまうし、釣れないし・・・。

洲崎

私には、やっぱりボート釣りや泳ぎ釣り(シュノーケリングしながら竿を持って釣る)があっているかも。

システム別 運用成績
EA プロフィット
ファクター
運用資金100万円に対する損益 最大
ドローダウン
月利
GINZO_System_USDJPY 354.71 +67064円 0.83% +6.7%
GINZO_System_EURUSD 0.76 -5539円 1.88% -0.5%
GINZO_System_EURJPY 3.70 +45520円 2.80% +4.5%
GINZO_System_GBPUSD 1.84 +28753円 3.27% +2.8%
GINZO_System_A 8.61 +41997円 2.60% +4.1%
GINZO_System_B 19.79 +6735円 5.75% +0.6%
統合 3.30 +184530円 1.96% +18.4%
運用資金(口座)別 運用成績
スタート資金 最大ドローダウン額 当月利益額 2009年1月からの
通算利益額
20万円(複利) 32021円 +300613円 +1734382円
(+1億1665万円)
100万円(単利) 21830円 +184530円 +9876800円
3000万円(単利) 654900円 +5535900円 +296305900円

※2009年1月より、目的別に口座を3つに分けて管理をしています。

※20万円複利運用口座は、2011年11月に残高1億円を突破したことを機会に、それまで約3年間の
利益(1億1665万円)を引き出し、再度2012年1月より20万円から複利運用をスタートしました。

  • 20万円複利運用口座
    長期運用による資産形成を目的として、基本的に資金の引き出しを予定していない口座
  • 100万円単利運用口座
    年ベースのシステムパフォーマンス分析を目的として、シンプルな金額で運用している口座
  • 3000万円単利運用口座
    実際の毎月の収益を目的として、毎月 利益額を引き出している口座

2009年1月~当月最新の資金推移

運用資金100万円に対する損益 平均月利
2009年 +3184076円 +27.2%
2010年 +2213790円 +18.4%
2011年 +1898914円 +15.0%
2012年 +1504837円 +12.5%
運用資金100万円に対する損益 月利
2013年1月 +225723円 +22.5%
2013年2月 +234189円 +23.4%
2013年3月 +122646円 +12.2%
2013年4月 +81562円 +8.1%
2013年5月 +176149円 +17.6%
2013年6月 +93966円 +9.3%
2013年7月 -9386円 -0.9%
2013年8月 +124311円 +12.4%
2013年9月 +184530円 +18.4%

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

最新お知らせ(GINZO_Systemの無料提供)

現在、「データ蓄積と解析による実践的な行動ファイナンスの研究」を目的に、 私が実際に10年以上、毎月利益を上げ続けているシステムGINZO_Systemを無料提供しています。
GINZO_System無料提供の目的詳細はこちら

ページ最下部のフォームから必要事項(お名前・メールアドレス)をご入力の上「送信」いただきましたら、5分以内にGINZO_System一式が無料でご入力のメールアドレスに届きます。

私と同じくGINZO_Systemの自動稼働によって、資金を実際に100倍以上にしたり
相場だけで生活が出来るようになったりなど、お役に立てて頂きましたら嬉しいです。

無料ダウンロード

このページの先頭へ