2018年9月の自動売買(EA)月間運用成績

今月の成績

当月の運用成績

2018年9月1日~30日の自動売買(EA)運用成績です。

当月は今年の3月以来、約半年ぶりに月利10%を超えました。
先月は数年ぶりに10%を超えるドローダウンを経験してしまいましたが、
当月の約13%のプラスによって、前月の損失をカバーした感じです。

前月7上旬から8月初めまでの10%以上の利益によって、
「低利益率期の終焉」「資金曲線上のレンジ上方ブレイク」を思わせましたが、
前月はその利益を吐き出し、
そして、当月は、またまた13%の利益で資金増・・・

これを、今度こそ「低利益率期の終焉」「資金曲線上のレンジ上方ブレイク」と判断できるかどうかは難しいところでありますが、前月の記事で、

リアルタイムで運用していれば、じれったい状態が続いていますが、GINZO_Systemの特性上、下降トレンドへの転換・レンジの下方ブレイクは無いので、この状態を相場と例えれば、絶好の買い場面

と申し上げていた通り、
仮に、前月の8月にシステムを停止してしまっていたとしたら最悪の結果
逆に、当月の9月にシステムの稼働開始または資金追加をしていれば、最良の結果となりました。

しかし、残念ながら、

私の方で運用に関してご報告を頂いたり、継続率を解析したりしたところ、
何名かの方が、8月いっぱいで運用停止をしてしまったようです

この方々は、本来ならば100万円に対して13万円以上の利益を得られたはずなのに、
その利益を完全に逃してしまい・・・、

さらにもっと最悪なのは、
これから必ず達成できるであろう1億円以上の資産形成の機会も捨てた行為となったことです。

・・・もちろん、これは稼働再開をすれば、またこの機会を得ることは出来るのですが、
一度してしまった行為は、二度・三度…と同じ行為を繰り返してしまいがちです。

ですから、「また稼働再開すればよい」というような安易な考えではなく、
相当に心を引き締め、「もう、二度と同じ間違いはしない」と誓う必要があります。

とはいえ、最近約20年間のGINZO_Systemによる資金推移は、
以下の通りに綺麗な右肩上がりを描いてきたものの・・・・
長期資金推移

最近1年間を拡大して見てみると、
「資金が増えも減りもしない時期」が何ヶ月間か続いてきました。

銀蔵システム

これを、後から見返せば、ただのレンジ資金推移に見えるのですが、
実際にはリアルタイムに何カ月も じれったい状態が続いてしまうと、
資金推移上のレンジ下限のときには、
「今度こそ、資金がもっと減ってしまったらどうしよう」という不安が付き物のはずです。

しかし、システムトレードで成功し、実際に1億円以上の資産を形成するためには、
これからも、同様の試練を何度も乗り越えていかなくてはいけません

前月のドローダウン、そして、当月の利益回復の経験は、難しい試練の1つだったと思いますが、これを乗り越えることができた人にとっては、非常に有効な経験をすることができたと思います。

今後とも、システムトレードにおいて、様々な不安や葛藤があると思いますが、
「稼働後は、とにかく何もせず見守るだけ」という鉄則を守り続け、
是非とも、システムトレードの成功をつかんでいただきたいと心から願っています。

私の方でも、その助けとなれるよう、引き続き実践的行動ファイナンスの研究をもって、様々な角度から「システムトレード実行者“全員”が成功できるための体制」を確立していきたいと思っています。

システム別 運用成績
EA プロフィット
ファクター
運用資金100万円に対する損益 最大
ドローダウン
月利
GINZO_System_USDJPY 0.67 -4386円 1.15% -0.4%
GINZO_System_EURUSD 17.70 +92047円 0.71% +9.2%
GINZO_System_EURJPY 1.01 +240円 3.03% +0.0%
GINZO_System_GBPUSD 1.77 +28839円 2.33% +2.8%
GINZO_System_A-USDJPY +5408円 0.37% +0.5%
GINZO_System_B-EURUSD +8405円 1.02% +0.8%
統合 2.52 +130555円 2.12% +13.0%
運用資金(口座)別 運用成績
スタート資金 最大ドローダウン額 当月利益額 2009年1月からの
通算利益額
20万円(複利) 29343円 179936円 +1364066円
(+2億8115万円)
100万円(単利) 23482円 130555円 +17157706円
3000万円(単利) 704460円 3916650円 +514733080円

※2009年1月より、目的別に口座を3つに分けて管理をしています。

※20万円複利運用口座は、2011年11月に残高1億円を突破したことを機会に、それまで約3年間の
利益(1億1665万円)を引き出し、再度2012年1月より20万円から複利運用をスタートしました。

※20万円複利運用口座[第2回]は、2016年7月に残高1億円を突破したことを機会に、それまで約4年半の利益(1億6450万円)を引き出し、再度2016年7月より20万円から複利運用をスタートしました。

  • 20万円複利運用口座
    長期運用による資産形成を目的として、基本的に資金の引き出しを予定していない口座
  • 100万円単利運用口座
    年ベースのシステムパフォーマンス分析を目的として、シンプルな金額で運用している口座
  • 3000万円単利運用口座
    実際の毎月の収益を目的として、毎月 利益額を引き出している口座

2009年1月~当月最新の資金推移

運用資金100万円に対する損益 平均月利
2009年 +3184076円 +27.2%
2010年 +2213790円 +18.4%
2011年 +1898914円 +15.0%
2012年 +1504837円 +12.5%
2013年 +1799132円 +15.0%
2014年 +693719円 +5.7%
2015年 +2356655円 +19.6%
2016年 +2572000円 +21.4%
2017年 +1526299円 +12.7%
運用資金100万円に対する損益 月利
2018年1月 +50859円 +5.0%
2018年2月 +175410円 +17.5%
2018年3月 +113601円 +11.3%
2018年4月 -21760円 -2.1%
2018年5月 -11109円 -1.1%
2018年6月 +6330円 +0.6%
2018年7月 +17420円 +1.7%
2018年8月 -134338円 -13.4%
2018年9月 +130555円 +13.0%

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

最新お知らせ(GINZO_Systemの無料提供)

現在、「データ蓄積と解析による実践的な行動ファイナンスの研究」を目的に、 私が実際に10年以上、毎月利益を上げ続けているシステムGINZO_Systemを無料提供しています。
GINZO_System無料提供の目的詳細はこちら

ページ最下部のフォームから必要事項(お名前・メールアドレス)をご入力の上「送信」いただきましたら、5分以内にGINZO_System一式が無料でご入力のメールアドレスに届きます。

私と同じくGINZO_Systemの自動稼働によって、資金を実際に100倍以上にしたり
相場だけで生活が出来るようになったりなど、お役に立てて頂きましたら嬉しいです。

無料ダウンロード

このページの先頭へ