2019年5月の自動売買(EA)月間運用成績

2019年5月成績

総取引数 101回
当月利益率 +6.5%
プロフィットファクター 1.46
最大ドローダウン 3.84%
勝率 60.4%
運用資金100万円に対する損益 +65087円

当月の運用成績

2019年5月1日~31日の自動売買(EA)運用成績です。

先月に引き続き、当月5月もトータルプラスの結果となりました。
これで、4カ月連続プラスとなります。

  • 2019年2月:プラス
  • 2019年3月:プラス
  • 2019年4月:プラス
  • 2019年5月:プラス

また、当月の利益率は、+6.5%。

GINZO_systemの基準利益率は、月利15%ですので、
まだまだ基準値よりも低い水準を推移していますが、
最近の中では、まずまずの成績といえるでしょう。

資金50万円の人は、約3万円の利益→約53万円。
200万円の人は、約13万円の利益→約213万円。
500万円の人は、約32万円の利益→約532万円。
1000万円の人は、約65万円の利益→約1065万円。

・・・と、たった+6.5%の月利であっても、僅か1ヶ月で上記のように
全員、資金が増えていることと思います。

ここで、人によっては、「これだけ資金が増えたのだから、もう、元の運用資金を割るようなことは無いだろう」と、安心されていることもあるかもしれません。

しかし、当システムは超安全に資金を守りながらも
運用効率を高めていますので、
1ヶ月で30~40%以上の利益結果となる確率を常に保持している一方で、
最大で20%程度のドローダウンは想定しておかなければいけません。

(もちろん、その確率は非常に低いですが…)

ですから、本当に「元の運用資金を割ることはない」と安心して良いのは、
資金が25%程度増えてからということを覚えておいていただきたいです。

GINZO_systemを使ったシステムトレードは、
最初に必要な簡単な稼働準備を完了してしまえば、
あとは本当に「ほったらかし」で資金を増やしていきます。

これに対して「それなら誰でも簡単にお金を増やせるのではないか?」と
思われるかもしれませんが、実際には思っているほど簡単ではありません。

最近のように、毎月毎月お金が順調に増えているとき“だけ”が永遠に続くのであれば、多くの人にとって「ほったらかし」も簡単かもしれませんが、長期間の視野では、必ず月トータルマイナスになる月も起こります。また、確率上、その月トータルマイナスが連続することもあります。

そのようなとき、人間の心の特性上、
「平然とほったらかし」にすることは困難なのです。
(そのドローダウンの後、また資金が増えるのにも関わらず)

特に、人間は、「不調の後の不調」よりも
「順調の後の不調」の方が、遥かに心理的負担を大きく感じます。

例えば、「同じ5万円のドローダウン」を受けたとしても・・・

開始資金30万円から、そのまま25万円に減ってしまうよりも、
開始資金30万円から、一度33万円に増えた後、28万円に減ってしまうことの方が心の負担は大きいものです。

人は、このように、「上がってから落とされたとき」につらく感じやすいため、
そのようなときに「合理的ではない行動」…すなわち「ほったらかしにできない」となりやすいのです。

予め、このような「人間の心のクセ」を認識しておくと、
将来、いざ そのようなことが訪れた場合でも、「その先の大きな利益」を逃すようなことを防げるかもしれませんので、よく覚えておいて下さい。

システムトレードは、「良い時」「悪いとき」を繰り返しながら、
トータルで資金を増やしていくものです。

特に、悪いときの方が、いろいろなチャンス!

運用資金(口座)別 運用成績
スタート資金 最大ドローダウン額 当月利益額 2009年1月からの
通算利益額
20万円(複利) 76155円 +129081円 +1912300円
(+2億8115万円)
100万円(単利) 38465円 +65087円 +17484166円
3000万円(単利) 1153950円 +1952610円 +524526880円

※2009年1月より、目的別に口座を3つに分けて管理をしています。

※20万円複利運用口座は、2011年11月に残高1億円を突破したことを機会に、それまで約3年間の
利益(1億1665万円)を引き出し、再度2012年1月より20万円から複利運用をスタートしました。

※20万円複利運用口座[第2回]は、2016年7月に残高1億円を突破したことを機会に、それまで約4年半の利益(1億6450万円)を引き出し、再度2016年7月より20万円から複利運用をスタートしました。

  • 20万円複利運用口座
    長期運用による資産形成を目的として、基本的に資金の引き出しを予定していない口座
  • 100万円単利運用口座
    年ベースのシステムパフォーマンス分析を目的として、シンプルな金額で運用している口座
  • 3000万円単利運用口座
    実際の毎月の収益を目的として、毎月 利益額を引き出している口座

2009年1月~当月最新の資金推移

運用資金100万円に対する損益 平均月利
2009年 +3184076円 +27.2%
2010年 +2213790円 +18.4%
2011年 +1898914円 +15.0%
2012年 +1504837円 +12.5%
2013年 +1799132円 +15.0%
2014年 +693719円 +5.7%
2015年 +2356655円 +19.6%
2016年 +2572000円 +21.4%
2017年 +1526299円 +12.7%
2018年 +529858円 +4.4%
運用資金100万円に対する損益 月利
2019年1月 -33143円 -3.3%
2019年2月 +4953円 +0.5%
2019年3月 +26711円 +2.7%
2019年4月 +12140円 +1.2%
2019年5月 +65087円 +6.5%

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

最新お知らせ(GINZO_Systemの無料提供)

現在、「データ蓄積と解析による実践的な行動ファイナンスの研究」を目的に、 私が実際に10年以上、毎月利益を上げ続けているシステムGINZO_Systemを無料提供しています。
GINZO_System無料提供の目的詳細はこちら

ページ最下部のフォームから必要事項(お名前・メールアドレス)をご入力の上「送信」いただきましたら、5分以内にGINZO_System一式が無料でご入力のメールアドレスに届きます。

私と同じくGINZO_Systemの自動稼働によって、資金を実際に100倍以上にしたり
相場だけで生活が出来るようになったりなど、お役に立てて頂きましたら嬉しいです。

無料ダウンロード

このページの先頭へ