2018年4月の自動売買(EA)月間運用成績

資産曲線

当月の運用成績

2018年4月1日~30日の自動売買(EA)運用成績です。

前月まで「28ヶ月連続 月間トータル収支プラス」を記録していましたが・・・ついに、久しぶりに月間トータルで負けてしまいました。

負け率は僅か約2%ですし、「○○ヶ月連続プラス」のような記録は、結局 確率による結果ですので、大した意味はないので、当月の負けは全く問題なく必然的確率上の結果であるのですが・・・やっぱり、少し残念です。

どうせでしたら、「月間トータル収支プラス」の過去最高新記録を見たいですし、「月利」の最高新記録も見たいというのが正直なところです。

しかし、このように「月間トータル」で負けたり、「資金曲線」でいう押し目をつけたりした際は、私の経験上、その後、大きく利益が伸びることが多いです。つまり、「低利益率期」から「ラッキー期間」の転換ですね。

このように、GINZO_Systemによる資金曲線は、

・緩やかな上昇トレンド(低利益率期)
・通常の上昇トレンド(通常期)
・強い上昇トレンドの(ラッキー期間)

の3つの状態があります。

3つの状態

これは、このブログでリアル成績を公開し始めた2009年1月から現在までの資金曲線ですが、このとおり、数年に一度「低利益率期」が訪れています。しかし、その後、2009年以前も振り返ると、「低利益率期」の後は「ラッキー期間」が訪れることが多い。

(なお、GINZO_Systemによる資金曲線では、確率上、下降トレンドは存在していません)

ですから、もし、仮にGINZO_Systemでの運用で裁量を入れるとしたら、「低利益率期が来た」と判断した際に「ロット数を上げる」ことで、より安定した毎月・毎年の利益額を確保することができるはずです。

ただ、私は、システムトレードに裁量を入れてしまうと、「私の本来の目的」に反した部分が起きますので、私はこの10年以上、一切の裁量を入れずに24時間365日 全自動でシステムを稼働(完全放置)。

この「私の本来の目的」・・・それは、もちろん「お金を稼ぐこと」も大事ですが、
それよりも、「お金の稼ぎ方やその他大切なことを子孫や仲間たちに遺すこと」です。

このブログを通じて・・・将来 私がいなくなったときでも、各々が このブログを参考に「“建前”の仕事でお金稼ぎに縛られる必要は無い事実を理解してほしい」「“本音”でやりたいことにお金が必要ならば、このブログも参考にしてみてほしい」と思っています。
(この考えは、この記事で詳しく書いています)

もし、家族や仲間の誰かが、「私のように、自分もシステムトレードで生計を立てて、得たお金で好きなことを研究したい」と思った場合・・・、そして、実際にシステムトレードを始めた場合・・・、例えば当月のようなマイナスが発生したとしたら・・・・

この場合、もしかしたら、「今はもう、このシステムトレードは通用しないのかもしれない」と思ってしまうかもしれません。

しかし、そのようなとき、このブログの内容から「考え方」や「本質」を学び、「不安」や「未熟」を乗り越えて・・・「GINZO_Systemのような本質的に優位性の高いシステムでトレード」を“続ける”ことで、必ず その夢に向けたサポートとはるはずです。

人間、誰もが“良い”ときには機嫌が良い。

だけど、人間の“本性”は、「ピンチのとき」「不安なとき」「苦しいとき」こそ出ます。

そして、そのようなときに「どのように考え」「どのように行動するか」・・・これが、幸せへの山を登るための大切な力の一つだと考えています。

 

システム別 運用成績
EA プロフィット
ファクター
運用資金100万円に対する損益 最大
ドローダウン
月利
GINZO_System_USDJPY 3.28 +13156円 2.51% +1.3%
GINZO_System_EURUSD 0.95 -1306円 2.81% -0.1%
GINZO_System_EURJPY 0.09 -66760円 3.97% -6.6%
GINZO_System_GBPUSD 1.34 +23945円 4.80% +2.4%
GINZO_System_A (全勝) +4306円 11.13% +0.4%
GINZO_System_B (全勝) +4898円 2.05% +0.4%
統合 0.87 -21760円 3.63% -2.1%
運用資金(口座)別 運用成績
スタート資金 最大ドローダウン額 当月利益額 2009年1月からの
通算利益額
20万円(複利) 58573円 -33885円 +1379721円
(+2億8115万円)
100万円(単利) 59958円 -21760円 +17148848円
3000万円(単利) 1798740円 -652800円 +514467340円

※2009年1月より、目的別に口座を3つに分けて管理をしています。

※20万円複利運用口座は、2011年11月に残高1億円を突破したことを機会に、それまで約3年間の
利益(1億1665万円)を引き出し、再度2012年1月より20万円から複利運用をスタートしました。

※20万円複利運用口座[第2回]は、2016年7月に残高1億円を突破したことを機会に、それまで約4年半の
利益(1億6450万円)を引き出し、再度2016年7月より20万円から複利運用をスタートしました。

  • 20万円複利運用口座
    長期運用による資産形成を目的として、基本的に資金の引き出しを予定していない口座
  • 100万円単利運用口座
    年ベースのシステムパフォーマンス分析を目的として、シンプルな金額で運用している口座
  • 3000万円単利運用口座
    実際の毎月の収益を目的として、毎月 利益額を引き出している口座

2009年1月~当月最新の資金推移

運用資金100万円に対する損益 平均月利
2009年 +3184076円 +27.2%
2010年 +2213790円 +18.4%
2011年 +1898914円 +15.0%
2012年 +1504837円 +12.5%
2013年 +1799132円 +15.0%
2014年 +693719円 +5.7%
2015年 +2356655円 +19.6%
2016年 +2572000円 +21.4%
2017年 +1526299円 +12.7%
運用資金100万円に対する損益 月利
2018年1月 +50859円 +5.0%
2018年2月 +175410円 +17.5%
2018年3月 +113601円 +11.3%
2018年4月 -21760円 -2.1%

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

最新お知らせ(GINZO_Systemの無料提供)

現在、「データ蓄積と解析による実践的な行動ファイナンスの研究」を目的に、 私が実際に10年以上、毎月利益を上げ続けているシステムGINZO_Systemを無料提供しています。
GINZO_System無料提供の目的詳細はこちら

ページ最下部のフォームから必要事項(お名前・メールアドレス)をご入力の上「送信」いただきましたら、5分以内にGINZO_System一式が無料でご入力のメールアドレスに届きます。

私と同じくGINZO_Systemの自動稼働によって、資金を実際に100倍以上にしたり
相場だけで生活が出来るようになったりなど、お役に立てて頂きましたら嬉しいです。

無料ダウンロード

このページの先頭へ