クセを制する者は、人生もシステムトレードも制す

2021年も、早いもので もう1カ月も経ちました。

私は、パソコンで作業をするときには、
ダウンロードしたファイル・作成したファイル・編集したファイルなどは
ある程度量が増える度に一つの「日付をつけた」フォルダに入れて、
格納しているのですが、
2021年2月になった今も、去年のクセで
フォルダ名の日付入力の際に「2020・・・」と指が動いてしまっています。

最近では新居建築の関係で
いろいろと契約書を作成したり記入したりすることも多いですが、
その時の手書きでも「2020・・・」と書いてしまっています。

一度何かのクセがついてしまうと、
無意識にクセの通りに行動してしまう。

そんな「クセ」は、実は人間のとても強い力を秘めているものだと思っています。

このブログでは、自分自身で愛用しているFX自動売買プログラムである
GINZO_Systemを無償でダウンロードしていただけるようにしていますが、
それを活かすためには鉄則がありまして、それが
「一度稼働したら後は何もせず、ただ じっと見守り続けること」
です。

そのたった一つの鉄則を守り続けるだけで
資金を増やし続けることを実現しているのですが、
利用者さんの中には、どうしても、そのたった一つの鉄則を
守ることが困難な人も多いようです。

・毎日EAの成績が気になって、チャートを開いてしまう
・資金量が変化すると、開始当初には考えていなかった出金を検討してしまう
・何かの指標やイベントがあると、EAを停止してしまう
・開始当初には長期視野で考えていた運用が、短期で成果を求めてしまう

これらは、システムトレード自体の技術の有無や精神的な強さ・弱さなどよりも、
それまで別なカタチによってついてきた一つのクセなんだと思います。

もし、上記のようにシステムトレード成功鉄則を守ることが難しいと感じている場合は、
「あ~、自分はまだまだダメだなぁ」なんていうことは考えないで、
自分のクセに着目してみると良いかもしれません。

自分にクセがあるなら、それより強いクセをつけるように上書きしてやれば、
最初しばらくはキツくても、いつの間にか、楽に自然に
プラスになる行動ができるようになるはずです。

 

私には小学校5年生の長男・小学校3年生の長女・年長の次男・年少の三男の
4人の子供たちがいます。

このうち、小学校5年生の長男と年長の次男は、
「将来はプロ野球選手になる!入団するチームも決めてある!」と、
野球少年になっています。

小学校3年生の長女と年少の三男は、
「わたしはプロテニス選手になる!」
「おれも、プロ野球選手になる!」と
野球少年2人が練習を始めると、同じくこの子たちも参加しだしています。

子供たちがそれぞれ好きなことや やりたいことを見つけて
それを目指しているということ、
親としては、それ自体に幸せを感じております。

それぞれの夢を叶えることの応援も、
本気でしたいと思っています。

では、実際にどのような応援をするのか。

私は、野球やテニスを高いレベルで経験してきたわけではなく、
野球も少々、テニスも少々、
サッカー・陸上・スキー・スノーボード・器械体操・サーフィン・空手など、
その他、どれもカジった程度ですから、
高い技術や細かい技術などは教えることはできません。

その代わり、たくさんのことをカジってきたおかげで、
多くの運動に関する共通点を感じ、
パフォーマンスを高める運動の本質というものが
何となくわかるような気がしています。

運動の本質に目を向けると、
野球もテニスもサッカーも陸上もスキーも・・・
全部が同じ

全部が同じですから、
野球をやって、テニスもうまくなる
テニスをやって、野球もうまくなる
サッカーをやって、野球もテニスもうまくなる

ある程度、運動の本質がつかめるようになっていくと、
経験の無いスポーツや動きでも、
最初の一発目からパフォーマンスを発揮できるようにもなります。

では何が「運動の本質」なのかといいますと、
たぶん、大事な一つに姿勢なのだと思います。

具体的には基本3つありまして、
1.骨盤
2.軸
3.肩甲骨
です。

これらの角度やツナギ、
力を入れたり抜いたりするタイミングなどを意識すると、
運動で重要なことは、全部同じという感覚になっています。

ですから、
子供たちには、野球やテニスの技術的なことよりも、
多くの運動・スポーツに共通する大事な感覚を自ら発見し、
運動の本質への理解に近づいて行ってほしいなぁと考え、

良い姿勢のクセをつけるための応援をしています。

このことから、
私の子供たちへの運動に関する注意は、

「座り方!(骨盤を寝かさないように)」
「立ち方!(軸を操れるように)」
「歩き方!(基本をつなげるように)」
「拾い方!(物を拾うときでも股関節に乗るように)」
などの人間の基本的な動きについてです。

これらの基本的な動き・姿勢を言い換えれば、

・ドラゴンボールでいうと、「常にスーパーサイヤ人の状態でいろ」
・鬼滅の刃でいうと、「全集中常駐でいろ」

それらを解かずに自然に感じれる状態でいられるように
ということです。

このクセ
どんなときでも解けないほど強くつけば、
他の人と同じ練習をするにしても
自分はまるでドラクエのメタルスライムやはぐれメタルを毎回倒すように
自然にどんどんレベルが上がっていくと思います。

このクセというものは、
もちろん運動・スポーツだけに限らず、
勉強にも趣味にも仕事にも同じようなことが言えると思いますし、
システムトレードで資産構築するにおいても、
同じだと思います。

システムトレードでは、もし、
成果を短期目線で考えてしまったり、
目先の結果に一喜一憂してしまったり、
開始当初に決めていたことを変えてしまいそうになったりする場合には、

例えば、
チャートを見ない!何があっても動じない!というような決めごとをするよりも、
毎日FX業者からメール送信される成果報告(Daily Confirmation)のみをチェックする!
などの習慣をつくって、マイナスになり得るクセをプラスのクセで上書きするのも
良いと思います。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

最新お知らせ(GINZO_Systemの無料提供)

現在、「データ蓄積と解析による実践的な行動ファイナンスの研究」を目的に、 私が実際に10年以上、毎月利益を上げ続けているシステムGINZO_Systemを無料提供しています。
GINZO_System無料提供の目的詳細はこちら

ページ最下部のフォームから必要事項(お名前・メールアドレス)をご入力の上「送信」いただきましたら、5分以内にGINZO_System一式が無料でご入力のメールアドレスに届きます。

私と同じくGINZO_Systemの自動稼働によって、資金を実際に100倍以上にしたり
相場だけで生活が出来るようになったりなど、お役に立てて頂きましたら嬉しいです。

無料ダウンロード

このページの先頭へ