1カ月3週間ぶりに最高残高が更新!連敗やドローダウンを受けても…

私が10年以上も愛用し生活を支えてくれている独自開発EA『GINZO_System』は、
現在、希望されている多くの方々に無償で利用していただけるようにしているのですが、

その利用者さんの中には、やはり『システムトレード』の重要性を認識されている方も多く、
個人でも容易にシステムトレードを行えるEA(MT4を使ったFX自動売買)を
GINZO_System以外にもたくさんのEAを稼働させている方も多いようです。

その方々から、ここ数カ月は比較的ご連絡を頂くことも多くなって、

「他のEAのほとんどが、コロナ相場で破綻してしまいましたが、
GINZO_Systemだけは生き残っているところを見て、
ますます安心感が増しました。」

「ナンピン系EAは全滅してしまいました。
トレンドフォロー系EAは、最初は3月頃は大きく利益を上げましたが、
5月と6月でその利益が全部無くなり、結局損となりました。
GINZO_Systemの安定感はやっぱり凄いと思います。」

と、私のシステムに対するお褒めのお言葉も多くなりました。

世の中には非常にたくさんのEAが無数に存在していて、
その中には必ずGINZO_System以上のEAも存在していると思っているので、

「他のEAは使わない方が良いですよ」・・・とは言い切ることができないのが
難しいところなのですが、

複数のEAを統合してトータルした期待値で運用成績を考えると、
有効と思えるたくさんのEAを同時に稼働させるよりも
少なくとも「これだけは絶対に使いたい!」と判断できるEAだけを厳選して使った方が、
多くの場合にプラスになるだろうと思います。

以前にも他の利用者さんがmyfxbookで公開していた以下の画像のとおり・・・、

ginzoシステム比較

「9割以上のEAは1年以内に破綻してしまっている」というデータもあるくらいですからね。

ところで、つい一昨日のことですが、

GINZO_Systemによる運用の残高が、また最高を更新しました。

ginzo最高残高更新

前回に最高残高をつけたのが5月1日のことですから、
それから大体、1カ月3週間ぶりということになります。

前回の最高残高から僅かなドローダウンを経て、
最新の最高残高を達成するまでの期間が「1カ月3週間」だった
ということは、

あとから見返してみるとごく短い期間できますが、
リアルタイムに、自動売買による資金の増減を見ていた方にとっては、
1カ月が1年以上にも感じてしまうほど長い道のりに感じられたかもしれませんね。

資金推移を俯瞰的に見ると、
やっぱり安定した上昇トレンドのような資金の増え方になっていますが、

短期的かつ主観的にその成績の一部を見てみますと、
以下のように、連敗が続いていた瞬間もありました。

連敗が続いていた時のシステム成績

「連敗が続いた上に、大きめの損失を被り、さらにまた連敗が続く…」
という経過を、リアルタイムに数日間も受けてしまうと、

どれだけ信頼度の高いシステムでも、

「もしかして、システムが機能しなくなった?」
「もしかして、システムはニセモノなのでは?」
「もしかして、システムの売買をターゲットとされている?」

なんてことなども考えてしまうことも自然ですよね。

これがシステムトレードでの成功を邪魔をする人間心理のワナなのですが・・・、

そのワナにかからずに成功への道を歩み続けるためには、
どうしても、FXシステムトレードで成功するために必要な心のスキル
磨いていくしかありません。

この心のスキルを身につけるには、
人によっては数カ月、数年…と時間がかかる場合もあるかもしれませんが、
心の練習を続けていけば、100人中100人全員が、
必ず身につけることができるものだと考えています。

決して楽な道では無いですが、
私もできる限りのサポートをしますので、
これからも共に歩んでいきましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

最新お知らせ(GINZO_Systemの無料提供)

現在、「データ蓄積と解析による実践的な行動ファイナンスの研究」を目的に、 私が実際に10年以上、毎月利益を上げ続けているシステムGINZO_Systemを無料提供しています。
GINZO_System無料提供の目的詳細はこちら

ページ最下部のフォームから必要事項(お名前・メールアドレス)をご入力の上「送信」いただきましたら、5分以内にGINZO_System一式が無料でご入力のメールアドレスに届きます。

私と同じくGINZO_Systemの自動稼働によって、資金を実際に100倍以上にしたり
相場だけで生活が出来るようになったりなど、お役に立てて頂きましたら嬉しいです。

無料ダウンロード

このページの先頭へ